第5935号 3面では「道徳の教科化 現場の思いは」を掲載!

日本教育新聞 平成25年9月9日号

道徳の教科化

現場の思いは

「子どもの規範意識が低下した」「いじめ問題に対応するべきだ」。

そうした不安感や課題解決策などを背景に、文部科学省では道徳の教科化に向けた検討が進んでいます。

学校現場で子どもと向き合っている教員は道徳の教科化をどう受け止めているのでしょうか。

今夏に開かれた授業研究会を訪ねました。

また合わせて文部科学省の懇談会の様子と、これまでに出された意見の一部もお伝えします。


防災教育と外国語活動

関連付けた実践研究

仙台市小学校教育研究会外国語活動部会

仙台市小学校教育研究会外国語活動部会の防災教育と関連付けた外国語活動の研究の取り組みを紹介します。

東日本大震災で被災した経験を踏まえ、学校に避難している外国人を助けるためにはコミュニケーションを取ることが重要という実感から始まったこの新たな取り組み。

防災教育と関連付けられた絵カードやチャンツを使った外国語の教育実践は、これからの外国語活動を行ううえでのひとつのヒントとなるでしょう。


学校、地域が合同で防災訓練

高知県南国市

将来発生すると言われる南海トラフ巨大地震。

津波被害想定で被害が大きいと予測された各県では、避難方法や訓練内容の見直しなどを行っているのではないでしょうか。

今回は高知県南国市の市立稲生小学校、稲生保育園、稲生地区防災連合会という、学校と地域が合同で実施した津波からの避難訓練についてお伝えします。

大きな訓練の成果が上がったこの取り組みを今後の避難訓練の参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る